例文あり!be動詞の疑問形と答え方

英語講師歴12年、こっこです。

著者の紹介
こっこ
30歳。
大手塾の講師として4年つとめた後、家庭教師に転向。
8年間の経験を経て大人も対象としたマンツーマンの講師となる。

さて今回はbe動詞の疑問形の作り方と答え方 について書きます。
 

例文で見るbe動詞の疑問形の作り方

例えば
「あなたはミキさんですか?」
と聞きたい時。
まず最初に
「あなたはミキさんです」
という文章から考えてみます。

You are Miki.
あなたはミキさんです。

ですよね。
疑問形にするには、Youとareをひっくり返したらいい のです。

Are you Miki?
あなたはミキさんですか?

簡単ですね。
では、どう答えたらいいのでしょう?
 
 

例文あり!be動詞疑問形への答え方

Are you Miki?
あなたはミキさんですか?

と聞かれたら、なんと答えればいいのでしょう?

はい、そうです。
の場合は
Yes, I am.

いいえ、ちがいます。
の場合は
No, I am not.

と答えます。

ポイントは、 答える主語(I)に合わせたbe動詞(am)で答えること です。
ここがわからない人はこちらもチェック↓
例文あり!be動詞の使い方をプロが解説!
 
 

ちょっと応用!例文で考える、be動詞疑問文

ではちょっと応用してみましょう。
「彼はトムですか?」
これはなんというでしょう。

そう。

He is Tom.
彼はトムです。

から想像して、前の単語をひっくりかえす から、、、

Is he Tom?
彼はトムですか?

になります。

それに対する返事は

Yes, he is.
はい、そうです。
No, he is not.
いいえ、違います。

となるわけですね。
主語(he)に合わせたbe動詞(is)を選んでいる わけです。

 
 
こちらもどうぞ!
中学生にもわかる!a と theの違いと使いかた
 

テスト対策!
受験対策!
宿題お手伝い!なんでもござれ。
LINEでこっこから直接指導を受けるにはこちら!↓
【LINEで質問無制限!いつでもどこでも何度でも】TOEIC独学830プロ講師の、英語コーチング案内