英語で「〜と呼んでください」 Call me 〜の使い方

英語講師歴12年、こっこです。

著者の紹介
こっこ
30歳。
大手塾の講師として4年つとめた後、家庭教師に転向。
8年間の経験を経て大人も対象としたマンツーマンの講師となる。

きょうは、英語で「〜と呼んでください」 というときの説明をします。
 

わかりやすい音声解説


 

英語で「わたしを〜と呼んでください」はcall me 〜

英語で「わたしを〜と呼んでください」というとき、つまり、
「みきって呼んでね!」
などと言いたい時には

Call me Miki.
みきって呼んでね。

と言います。
命令形についてはこちら↓
英語での命令文の作り方をプロが解説するよ!

では、他人の呼び名についてはなんと言えばいいのでしょうか?
 
 

英語で「彼、彼女、それ、彼ら、わたしたちのことは〜って呼んでください」は?

英語で「彼のことはトムって呼んでね」と言う場合は

Call him Tom.
彼のことはトムって呼んでね。


himの部分は代名詞という単元でやります。

他にも

Call her Miki.
彼女のことはミキって呼んでね。

Call it Lucky.
それのことはラッキーって呼んでね。

Call them Giants.
彼らのことはジャイアンツって呼んでね。

Call us Giants.
わたしたちのことはジャイアンツって呼んでね。

などのように、変えていくことができます。
 
 

応用解説 「〜を〜と呼んでいる」は典型的なSVOC

ここからは応用の内容 です。
習いたての人は読まなくて大丈夫です。

「私たちは彼をトムと呼んでいる」
と言いたい時、英語では
We call him Tom.
となります。

これは典型的なSVOCの文型 です。
こんなかんじですね。

文型を少しずつでいいので意識しながら作文できると、結果が変わってきますよ。
では、またね。
 
 

テスト対策!
受験対策!
宿題お手伝い!なんでもござれ。
LINEでこっこから直接指導を受けるにはこちら!↓
【LINEで質問無制限!いつでもどこでも何度でも】TOEIC独学830プロ講師の、英語コーチング案内